大学受験ガイドロイヤルナビ

東大・京大・阪大・神大などへの現役合格生を輩出している研伸館(現役高校生対象大学受験指導塾)が発行している大学受験ガイド

関関同立を受験した現役合格者の声

f:id:up-edu:20190612164615j:plain

同志社大学経済学部 N.M.さん 奈良県立平城高校卒

英単語や古文単語、文法などは早期に取り掛かり、復習を繰り返すことをお勧めします。伸びる時期は人それぞれだと思うので、最後まで自分を信じて諦めずに頑張ってください。

同志社大学生命医科学部 W.I.さん 京都女子高校卒

研伸館は教室や自習室も快適で、先生方も優しいので積極的に利用してください。研伸館を利用することで勉強する場所が増え、勉強量も増えました。

関西大学法学部 R.N.さん 清風高校卒

自宅では誘惑が多いので、どれだけ気分が乗らなくても自習室にはいくべきです。私はスケジュールで日々の勉強を管理し、絶対にそれ以上はやらないようにしていました。

関西学院大学経済学部 M.Y.さん 大阪府立桜塚高校卒

研伸館の先生方は教えるのがとても上手で、特に古文は苦手だったにもかかわらず得意教科になりました。ここで耐えることの辛さを乗り越える力がつきました。

立命館大学政策科学部 A.O.さん 雲雀丘学園高校卒

元々嫌いだった世界史が、研伸館の授業を受けてからで好きな科目に変わりました。その先生の板書が「すごい」の一言に尽きました。

 

 

 

国公立大学を受験した現役合格者の声

f:id:up-edu:20190612164615j:plain

大阪市立大学工学部 A.S.さん 奈良女子大学附属中等教育学校卒

地理と国語は早めに研伸館の授業を受けましょう。私は9月頃から物理のセンター対策を行ったので、二次試験前にスムーズに応用問題に取り掛かれました。何事も早期の基礎固めは大切です。

大阪府立大学現代システム科学部 E.N.さん 四天王寺高校卒

私は時間を1時間ごとに細かく分けて勉強をしていました。最後まで諦めずに頑張れば、大丈夫です。先生たちにもたくさん相談をしてください。

神戸市外国語大学外国語学部 M.H.さん 大阪府立池田高校卒

夏休み終了後、始業1時間前に登校し、静かな教室で朝自習するという習慣を作りました。大事な入試はほとんど朝から始まるので、朝方の生活は夏頃からスタートした方が良いです。

奈良教育大学教育学部 M.K.さん 京都教育大学附属高校卒

勉強法は各教科の先生に自分の状況を話し、アドバイスをもらうのが一番です。受付前のプリント置き場や掲示板は頻繁にチェックしておいて損はないと思います。

福井大学工学部 T.S.さん 桃山学院高校卒

どの試験も、その試験当日のことを考えて勉強してください。前日遅くや当日の試験直前まで詰め込むと却って焦りが出ます。前日、当日共に勉強は程々に、気楽に過ごしましょう。

大阪大学を受験した現役合格者の声

f:id:up-edu:20190612164615j:plain

大阪大学基礎工学部 S.K.さん 大教大附属平野校舎卒

自分の絶対に必要な睡眠時間を自覚して、その時間は寝るようにするべきです。また、センター試験1日目が終わった直後に採点はしてはいけません。

大阪大学医学部医学科 D.Y.さん 洛南高校卒

数学や化学は解法の正誤確認だけでなく、それを使った別の問題を数問考えると、類似問題も様々な角度から問題が見えるようになります。また、夏休みは理科を重点的にやるべきです。

大阪大学人間科学部 Y.O.さん 大教大附属平野校舎卒 

研伸館に来てみんなに会うという日課が自分にとって一番力になりました。センター試験が上手くいくと精神的にとても楽なので、センター試験対策はしっかりしておきましょう。

大阪大学医学部医学科 C.M.さん 神大附属中等教育学校卒

同じ学校の人と会って刺激を受けられるので、自習室にはなるべく通っていました。また約1週間ごとに自分の現状と学習方針を見直し、学習意欲を持続させていました。

大阪大学工学部 K.N.さん 西宮市立西宮高校卒

高3の勉強法は、とにかく演習をこなし、同じ教材を何周も解くことでした。可能な限り使う教材を絞り、一つ一つ完璧に解けるようになるまで使い込んでください。