大学受験ガイドロイヤルナビ

東大・京大・阪大・神大などへの現役合格生を輩出している研伸館(現役高校生対象大学受験指導塾)が発行している大学受験ガイド

医学部医学科ってどんな学科?

f:id:up-edu:20190107153521j:plain

病気を治療し、人々の健康を守るために必要な知識と技術を身に付けることを目標としています。医学を学ぶ上では、化学、物理学、生物学等の幅広い知識を有している必要がありますが、将来医師になったときに求められる倫理観、コミュニケーション能力、診察技法も学ぶ必要があります。したがって、医学部ではこのような多岐にわたる教養も含めて学習することになります。また、大学で講義を聴くばかりではなく、実際に解剖を通して、身体の構造を理解します。
さらに、病院実習を経験し、現場の実情を体得します。このような教育課程を通して、日進月歩で進化し続ける医療技術を提供できる医師を育成します。一方、医師の育成に加え、医療研究者の育成も医学部の大きな役割です。近年、山中伸弥教授がiPS細胞の研究でノーベル賞を受賞されましたが、今後もこのように医療技術をますます発展させれば、我々の健康に役立つことが期待されます。いずれにしても、人の生命に関わる人材となるので、高い倫理観と人を助けたいという使命感が必要です。

医学を取り巻く環境の変化

医学は人間の病気やケガについて研究し、健康を管理する総合学問です。医学科では、病気予防や治療の専門技術を習得する一方、主に「なぜ病気が生まれるのか」といった病気のメカニズムや治療法について実験・実習を交えながら研究していきます。社会の変化や意識の高まりによって、人の生命に関わる重要な責任を果たす医師や研究者を養成する、という目的は変わりませんが、医者の立場や医学の役割が変わりつつあります。

1. 健康を基盤とした生活の質の向上
医療の目的は、ただ単に「病を治して命を救う」のではなく、「人間らしく生き、老い、そして死ぬ」というQuality of life(生活の質)を高めることに変わってきています。
2. 医療の主役は患者自身
かつて医師の役割は「知識をもつ専門家として、責任をもって病気を治す」ことでした。しかし、「患者に情報開示をして十分なコミュニケーションをとり、最終決定は本人にゆだねる」方向へ変更されようとしています。いわゆるInformed consent(説明と同意)の問題です。
3. チーム医療
医療の進歩により医師一人では医療の全体を扱うことは難しくなってきました。放射線技師や臨床検査技師、看護師はもとより、薬剤師、機能訓練士などとの連携が必要です。これらの医療人が患者を中心に活動するのが「チーム医療」です。医師はこのチームを引っ張るリーダーシップと共に、パートナーシップの能力が必要になってきています。

大学での履修内容

授業の進め方としては、1年次から2年次の間は主として教養科目を履修します。一般の学部の教養科目より必修単位が多く、しかも規定の単位を取らないと次に進めません。3年次から専門的な勉強が始まります。専門教育では、「基礎医学」「臨床医学」を学びます。具体的には以下のような開講科目があります。

<基礎医学> 医学の基盤となる分野を学ぶ
解剖学、病理学、生理学、衛生学、遺伝学、細菌学、生化学、
薬理学、免疫学、医史学、寄生虫学、公衆衛生学、法医学、etc

<臨床医学> 実際に患者に接しながら、各種病気の原因と症状に対する診療と研究を行う
外科学、診断学、内科学、麻酔学、精神医学、小児科学、整形外科学、
皮膚科学、泌尿器科学、眼科学、耳鼻咽喉科学、etc

臨床医学では自分の将来の専門分野にかかわらず、すべての科目を履修するのが普通です。臨床医学に入ると、すべての科目について総論の講義の後、実際に患者を前にして臨床講義が実施されます。また、その日初めて来院した患者の訴えを聞いてカルテに記載し、診察、診断する外来実習もあります。さらに、社会集団の病理や医療を研究する「社会医学」、病気になりにくい生活や社会を目指す「公衆衛生学」「環境保健学」など、保健・衛生・社会的貢献につながる科目も重要です。
6年間の課程を終え大学を卒業した後は、医師国家試験をパスし、2年間の臨床研修を経た後、臨床医(病院勤務や開業医)となるのが一般的です。また最近では大学の教員や研究者の道を歩む人も多いようです。

“医師”になるまでの流れ

f:id:mongonginazu:20181130123742p:plain

医学部医学科 配点表一覧(2018年度入試)

※ 募集定員は、地域枠を含む場合があります。入試科目の出題範囲等も大学で異なる場合がありますので、詳細は必ず各大学発行の選抜要項等でご確認ください。

国公立前期

大学 定員 センター 二次 総点
国語 社会 数学 理科 外国語 国語 数学 理科 外国語 面接 小論文 その他  
旭川医科大学 40 100 50 100 200 100 550   100   100 150     350 900
北海道大学(学部別入試) 97 80 40 60 60 60 300   150 150 150 75     525 825
北海道大学(総合入試) 5   150 ※ 1 150 ※ 1 150       450 750
弘前大学 65 200 100 200 200 200 900   300   300 300     900 1800
東北大学 105 50 50 50 50 50 250   250 250 250 200     950 1200
秋田大学 55 100 50 100 200 100 550   100   100 200     400 950
山形大学 75 ※ 2 200 100 200 200 200 900 100 200 200 100     600 1500
筑波大学 77 200 100 200 200 200 900   300 300 300 200     1100 2000
群馬大学 73 100 50 100 100 100 450   150 150   150   450 900
千葉大学 92 100 50 100 100 100 450   300 300 300 100     1000 1450
東京大学 97 200 100 200 200 200 900 80 120 120 120     440 550
東京医科歯科大学 82 40 20 40 40 40 180   120 120 120     360 540
新潟大学 85 100 50 200 200 200 750   150 150 150     450 1200
富山大学 60 200 100 200 200 200 900   200 300 200 100     800 1700
金沢大学 84 100 50 100 100 100 450   200 200 200 100     700 1150
福井大学 55 200 100 200 200 200 900   200 200 200 100     700 1600
信州大学 100 ※ 2 100 50 100 100 100 450   150 150 150 150     600 1050
岐阜大学 32 100 100 200 200 200 800   400 400 400     1200 2000
浜松医科大学 75 200 100 200 200 250 950   200 200 200 150     750 1700
名古屋大学 90 200 100 200 200 200 900 150 500 500 500     1650 2550
三重大学 75 100 100 100 200 100 600   200 200 200 100     700 1300
滋賀医科大学 75 ※ 2 200 100 100 100 100 600   200 200 200     600 1200
京都大学 102 50 50 50 50 50 250 150 250 300 300     1000 1250
大阪大学 100 100 100 100 100 100 500   200 200 200     600 1100
神戸大学 92 80 40 80 80 80 360   150 150 150     450 810
鳥取大学 65 200 100 200 200 200 900   200 200 200 100     700 1600
島根大学 62 200 100 100 200 100 700   200   200 60     460 1160
岡山大学 88 200 100 200 200 200 900   400 400 400     1200 2100
広島大学(A理科重視) 75 200 100 200 200 200 900   300 1200 300     1800 2700
広島大学(B一般)   600 600 600     1800 2700
山口大学 60 200 100 200 200 200 900   200 200 200     600 1500
徳島大学 72 150 50 200 300 200 900   200   200     400 1300
香川大学 59 200 100 200 200 200 900   200 200 200 100     700 1600
愛媛大学 40 200 50 100 100 100 550   200 200 200 100     700 1250
高知大学 60 200 100 200 200 200 900   300 300 300 100     1000 ※ 3 1900
九州大学 111 100 50 100 100 100 450   250 250 200       700 1150
佐賀大学 50 140 70 140 140 140 630   80 80 80 60   100 400 ※ 4 1030
長崎大学 76 100 50 100 100 100 450   250 250 200 60     760 1210
熊本大学 90 100 50 50 100 100 400   200 200 200 200     800 1200
大分大学 65 100 50 100 100 100 450   100 200 100 200     600 1050
宮崎大学 50 200 100 200 200 200 900   300   300     600 1500
鹿児島大学 69 200 100 200 200 200 900   200 400 200 120     920 1820
琉球大学 70 200 100 200 200 200 900   200 200 200 200     800 1700
札幌医科大学 75 150 50 150 200 150 700   200 200 200 100     700 1400
福島県立医科大学 67 150 50 150 150 150 650   200 200 200 60     660 1310
横浜市立大学 85 ※ 2 200 100 200 200 300 1000   400 400 400   1200 2200
名古屋市立大学 70 100 50 125 125 100 500   150 200 150 200     700 1200
京都府立医科大学 100 100 50 100 100 100 450   200 200 200     600 1050
大阪市立大学 95 100 50 200 200 100 650   300 300 200     800 1450
奈良県立医科大学 22 100 100 200 300 200 450 ※ 5   150 150 150     450 900
和歌山県立医科大学 79 100 100 100 150 150 600   250 250 200     700 1300

国公立後期

大学 定員 センター 二次 総点
国語 社会 数学 理科 外国語 国語 数学 理科 外国語 面接 小論文 その他
旭川医科大学 15 100 50 150 100 150 550     200   150     350 900
秋田大学 25 150 50 150 200 150 700         200 100   300 1000
山形大学 15 ※ 2 200 100 200 200 200 900         100     100 1000
千葉大学 20 100 50 100 100 100 450   300 300 300 100     1000 1450
東京医科歯科大学 10 125 0 125 125 125 500         100 100   200 700
富山大学 20 200 100 200 350 350 1200           350 1550
金沢大学(理系後期一括) 1     100   100 200     300         300 500
福井大学 25 100 50 100 100 100 450         120 100   220 670
山梨大学 90 200 100 100 100 300 800   600 600       1200 2000
岐阜大学 35 50 50 100 100 100 400   400 400 400     1200 1600
浜松医科大学 15 200 100 200 200 250 950         250 100   350 1300
名古屋大学 2 ※ 2 200 100 200 200 200 900             0 900
三重大学 10 100 100 100 200 100 600         100 200   300 900
鳥取大学 20 200 100 200 200 200 900         100     100 1000
広島大学 20 200 100 200 200 200 900         100     100 1000
山口大学 10 200 100 200 200 200 900         200 300   500 1400
香川大学 25 200 100 300 300 300 1200         100 200   300 1500
愛媛大学 25 200 100 200 200 200 900         100 200   300 1200
佐賀大学 10 140 70 140 140 140 630         180   100 280 ※ 4 910
宮崎大学 20 200 100 200 200 200 900     150 150     300 1200
鹿児島大学 23 200 100 200 200 200 900         120 200   320 1220
琉球大学 25 200 100 200 200 300 1000         200 100   300 1300
福島県立医科大学 23 100 50 100 100 100 450         60   300 360 810
奈良県立医科大学 53 100 100 200 300 200 300 ※ 5   225 450 225     900 1200

私立大学(一般入試・センター利用入試)

大学 方式 募集人員 一次試験 二次試験
外国語 数学 理科 国語 社会 面接 小論文 合計 小論文 面接 その他
東北医科薬科大学 一般 100 100 100 200       400    
岩手医科大学 一般 90 100 100 150       350    
自治医科大学 一般 123 ※ 2 25 25 50       100  
獨協医科大学 一般 58 200 200 400         800  
センター利用 15 200 200 400         800  
栃木県地域枠 7 200 200 400         800  
埼玉医科大学 前期 61 150 100 200       50 500    
後期 43 150 100 200       50 500    
センター前期 10 150 100 200 100       550  
センター後期 2 150 100 200 100 100     650  
慶應義塾大学 一般 68 150 150 200         500  
東京慈恵会医科大学 一般 110 100 100 200         400  
日本医科大学 前期 100 300 300 400         1000  
後期 18 300 300 400         1000  
順天堂大学 一般(A方式) 60 200 100 200       500    
一般(B方式) 10 225 100 200         525 ※ 6 英作文 ※ 6
センター利用 12 250 200 200 200 100     950 ※ 6 英作文 ※ 6
センター・一般独自併用 24 センター250 独自200 200 センター200 独自100 200 100     1250 ※ 6 英作文 ※ 6
日本大学 一般A方式 92 100 100 200         400 適性検査 (心理テスト)
一般N方式 10 100 100 200         400 適性検査 (心理テスト)
帝京大学 一般 100 100 100 ※ 7 100 ※ 7 100 ※ 7       300  
センター利用 10 100 各100点 2科目選択       300 英語(長文読解)
昭和大学 Ⅰ期 78 100 100 200         400  
Ⅱ期 20 100 100 200         400  
センター利用 (地域別選抜) 12 200 200 200 200 100     900  

 

大学 方式 募集人員 一次試験 二次試験
外国語 数学 理科 国語 社会 面接 小論文 合計 小論文 面接 その他
東京医科大学 一般 75 非公表 非公表 非公表         非公表 適性検査
センター利用 15名以内 非公表 非公表 非公表 非公表 非公表     非公表 適性検査
東京女子医科大学 一般 75 非公表 非公表 非公表       非公表  
東邦大学 一般 115 150 100 150         400    
杏林大学 一般 79 100 100 150         350  
センター利用 25 200 200 200         600  
北里大学 一般 84 150 150 200         500  
聖マリアンナ医科大学 一般 85 100 100 200         400 100 100 適性検査
東海大学 一般A方式 118 方式 合計 100 100 100         300  
センター前期   250 200 200         650  
センター後期   250 200 200         650    
センター利用 (静岡県地域枠)   250 200 200         650    
愛知医科大学 一般 65 150 150 200         500  
センター利用 15 200 200 200 100       700    
藤田保健衛生大学 一般前期 90 200 200 200         600   提出書類と合わせて100点
一般後期 5 200 200 200         600  
センター前期 10 250 250 250 100 50     900  
センター後期 5 250 250 250 100 50     900  
金沢医科大学 一般前期 65 100 100 200         400 60 グループ面接・ 調査書重視
一般後期 10 100 100           200 60  
大阪医科大学 前期 85 100 100 200         400  
後期 15 100 100 200         400  
センター利用 5 200 200 200 100 50     750  
関西医科大学 前期 85 100 100 200         400    
後期 7 100 100 200         400    
センター利用 15 200 200 200 100       700    
近畿大学 前期 65 100 100 200       400  
後期 5 100 100 200       400  
C方式前期 10 100 200 200         500  
C方式中期 3 100 (100) ※ 8 200 (100) ※ 8       400  
C方式後期 2 100 100 × 2(高得点2科目)           300  
兵庫医科大学 一般 80 ※ 2 150 150 200       500    
センター前期 10 ※ 2 200 200 200 100       700    
センター後期 3 ※ 2 200 200 200 200 100     900    
川崎医科大学 一般 60 ※ 2 100 100 150       350   小論文は二次合格判定に利用する
一般 (静岡県地域枠) 10 100 100 150       350  
一般 (長崎県地域枠) 6 100 100 150       350  
産業医科大学 一般 85 ※ 2 60 ※ 9 60 ※ 9 60 ※ 9 60 ※ 9 60 ※ 9     300 ※ 9 50 外・数・理(各200点)
福岡大学 一般(系統別) 70 100 100 200       400   調査書 小論文は二次合格判定に利用する
センター利用(Ⅰ期) 10 200 200 200 100       700   調査書
久留米大学 一般 85 ※ 2 100 100 200         400 50  

私立大文部科学省所管外の大学校

大学 方式 募集人員 一次試験 二次試験
外国語 数学 理科 国語 社会   小論文 合計 小論文 面接 その他
防衛医科大学校 一般 85 ※ 10 ※ 11 ※ 11 ※ 11 ※ 11       ※ 11   口述審査 身体検査

※ 1 総合入試の個別試験の数学重点選抜群は、数学200点・理科100点、物理・化学重点選抜群の理科は必須科目100点・ほか50点
※ 2 認可申請中につき、変更の可能性あり
※ 3 調査書は総合評価に加味する
※ 4 総点に調査書の得点(100点)を含む
※ 5 最終合格者判定時にはセンター試験分の得点をさらに1/3 に圧縮する
※ 6 小論文と英作文が同時に出題され、試験時間(120分)内に両方を解答する
※ 7 国語・数学・理科の5科目から2科目選択
※ 8 数学・国語のどちらか高得点の方を採用
※ 9 1次試験の点数はセンター試験を利用
※ 10 参考:平成29年度入校
※ 11 択一式(国語・外国語・数学)と記述式試験(国語・外国語・理科・数学)を2日に分けて行う。配点は非公表

目的や予算面でユニークな目的別医大

自治医科大学、防衛医科大学校、産業医科大学の3大学のことを「目的別医大」といいます。一般の医学部と違い特別な目的のために設立された大学ですので、授業料の貸与、卒業後の拘束など、さまざまな特色があります。

自治医科大 防衛医科大 防衛医科大
目的 僻地勤務の医師を養成 目的 自衛隊の医官を養成 目的 産業医の養成
長所 学費不要、免除 長所 授業料不要、公務員として給与支給 長所 授業料の一部を貸与し実質本人負担額は国公立大学と同水準
特記事項 卒業後、修学資金貸与期間の1.5倍に相当する期間(一般には9年間)の勤務義務がある 特記事項 卒業後、9年の義務年限がある。国籍制限や年齢制限、身体制限などの細かい規定がある。国公立との併願可能。 特記事項

卒業後、修学資金貸与期間の1.5倍に相当する期間(一般には9~11年間)、産業医等の職務へ就労しなくてはならない。

 

大学別医師国家試験合格率

(第111回 平成29年2月実施分 受験者総数9,618人 合格者総数8,533人 合格率88.7%)

順位 大学名 受験者数 合格者数 合格率
1 自治医科大学 101 101 100.0%
2 筑波大学医学専門学群 114 112 98.2%
3 名古屋市立大学 113 110 97.3%
4 横浜市立大学 89 86 96.6%
5 東京医科歯科大学 109 105 96.3%
6 順天堂大学 125 120 96.0%
7 金沢大学 123 118 95.9%
8 慶應義塾大学 114 109 95.6%
9 佐賀大学 110 105 95.5%
10 浜松医科大学 123 117 95.1%
11 東邦大学 114 108 94.7%
11 三重大学 133 126 94.7%
13 東京医科大学 124 117 94.4%
14 鳥取大学 123 116 94.3%
15 山形大学 121 114 94.2%
16 大阪大学 117 110 94.0%
17 千葉大学 132 124 93.9%
17 広島大学 132 124 93.9%
17 島根大学 115 108 93.9%
20 九州大学 117 109 93.2%
21 北里大学 114 106 93.0%
21 岡山大学 128 119 93.0%
23 東京慈恵会医科大学 99 92 92.9%
24 富山大学 124 115 92.7%
24 旭川医科大学 137 127 92.7%
24 産業医科大学 109 101 92.7%
27 京都大学 119 110 92.4%
28 福島県立医科大学 113 104 92.0%
29 徳島大学 122 112 91.8%
29 和歌山県立医科大学 85 78 91.8%
31 札幌医科大学 121 111 91.7%
32 福井大学 126 115 91.3%
33 長崎大学 131 119 90.8%
33 東北大学 120 109 90.8%
33 信州大学 109 99 90.8%
36 高知大学 129 117 90.7%
37 秋田大学 134 121 90.3%
38 名古屋大学 121 109 90.1%
38 群馬大学 131 118 90.1%
40 日本大学 119 107 89.9%
41 東京女子医科大学 118 106 89.8%
42 香川大学 122 109 89.3%
42 兵庫医科大学 103 92 89.3%
44 山梨大学 130 116 89.2%
45 藤田保健衛生大学 109 97 89.0%
46 川崎医科大学 117 104 88.9%
46 東京大学 126 112 88.9%
48 神戸大学 123 109 88.6%
49 京都府立医科大学 122 108 88.5%
50 近畿大学 103 91 88.3%
51 愛媛大学 117 103 88.0%
51 大阪市立大学 83 73 88.0%
53 昭和大学 139 122 87.8%
54 宮崎大学 114 100 87.7%
54 弘前大学 130 114 87.7%
56 山口大学 129 113 87.6%
57 熊本大学 133 116 87.2%
58 琉球大学 101 88 87.1%
59 鹿児島大学 142 123 86.6%
60 新潟大学 124 107 86.3%
61 杏林大学 111 95 85.6%
62 聖マリアンナ医科大学 124 106 85.5%
63 大分大学 122 104 85.2%
63 防衛医科大学 88 75 85.2%
63 滋賀医科大学 128 109 85.2%
66 北海道大学 113 96 85.0%
67 奈良県立大学 121 102 84.3%
68 関西医科大学 125 104 83.2%
68 岐阜大学 107 89 83.2%
70 金沢医科大学 115 95 82.6%
71 日本医科大学 120 99 82.5%
72 愛知医科大学 113 92 81.4%
73 東海大学 111 90 81.1%
74 大阪医科大学 124 100 80.6%
75 久留米大学 117 94 80.3%
76 埼玉医科大学 133 106 79.7%
77 福岡大学 108 85 78.7%
78 獨協医科大学 126 99 78.6%
79 岩手医科大学 138 106 76.8%
80 帝京大学 115 86 74.8%

~第112回医師国家試験(2018年実施分)の概要~

試験期日:平成29年2月10日(土)及び11日(日)
試験会場:北海道,宮城県,東京都,新潟県,愛知県,石川県,大阪府,広島県,香川県,福岡県,熊本県,沖縄県
試験内容:臨床上必要な医学及び公衆衛生に関して,医師として具有すべき知識及び技能

大学生の声

大阪市立大学 医学部 医学科
M・T さん

私は2回生の時、基礎医学と呼ばれることを学びました。基礎医学というのは病気の症状や治療などについて学ぶ臨床医学の基礎となる科目のことです。基礎医学というのも何種類かに分けられていて、主に骨や筋肉や臓器などヒトの体のマクロな構造について学ぶ解剖学、細胞のような体のミクロな構造について学ぶ細胞組織学、細胞や臓器などがどのような機能を持ち、どのような機能が損なわれていくことにより疾患になっていくのかということについて学ぶ生理学の3種類に分けられます。解剖学の実習においては、大阪市立大学にご献体いただいたご遺体をグループに分かれて自分たちの手で解剖することにより教科書で見るような体の構造を実際に自分の目で見て学び、また教科書には載っていないような知識を得ることができ、人体に対する理解がより深まります。
1回生の頃には、1つの受精卵からどのようにヒトの体ができあがっていくかといったことについて学ぶ発生学や遺伝子の働きや遺伝性の疾患について学ぶ遺伝学のような医学も少しは学びますが、だいたいは物理や化学や生物などの医学のこと以外について学びます。医学のこと以外は医師になるのに必要ないと多くの人は考えるかもしれませんが、そうではなくすべて今学んでいることに繋がってきているなと今になって感じます。また、上で述べた座学だけでなく、大阪市立大学では付属病院に行き医師や看護師の仕事がどのようなものであるかというのを体験する実習や診療所に行き診療所ならではの医師の仕事や職場の雰囲気を体験する実習などがあり大変有意義で楽しい学生生活を送っています。多くの実習において実際に医療の現場を見ることにより、「自分はこれから医師になっていくんだな」と改めて感じました。
私は将来臨床医になりたいと考えています。その理由はより多くの人を救うために研究に励むよりも、目の前の患者さんを救うために全力をそそぐ方がよりやりがいを感じると思うからです。そのために今後学ぶ臨床医学につながるように基礎医学についてしっかり理解を深めると共に医師にとって必要な能力のひとつであるコミュニケーション能力の向上の仕方なども勉強しています。
最後に、医学部に入ってから必要であることは何ですかとよく聞かれますが、私はいろいろなことを学び続けたいという向上心だと思います。向上心があるから勉強に対する意欲などが生まれ多くのことを学べると考えるからです。ですので、これから医学部への進学を考えている方たちは、大学受験合格をゴールとせずに向上心を持ち続けて素晴らしい医師になってほしいと思っています。

社会人の声

大阪大学 医学部 医学科 卒業
M・Y さん

私は大阪大学医学部医学科を卒業し、医師国家試験に合格した後初期研修を終えて現在大阪大学医学部附属病院にて病理医として勤務しています。みなさんは、病理医という仕事を知っていますか?病理医という名前なのだから、医者の一種だろう、そう考えてはもらえたでしょうか。少し前に病理医が主人公のドラマをやったりして、少し知られるようにはなったかなとも思うのですが、それでもやっぱり知名度はそんなに高くありません。2016年時点での専門医の数は2292人、全国の医者の、なんと0.7%という少ない数しかいません。ですので、これを読んだ皆さんに、少しでも病理医という仕事に興味を持っていただけたらなあと思っています。
お医者さんの仕事、道具といえば、みなさん何を想像しますか?注射器、聴診器、レントゲン、手術等々…、多分そういったものではないでしょうか。
病理医たちは、それらの道具を仕事では一切使いません。じゃあ一体何をやっているんだ?とお思いでしょう。我々病理医の道具は、顕微鏡です。顕微鏡を覗いて、細胞を見て、病気の診断を日々行っています。
例えば、胃カメラでの検査や、大腸カメラでの検査の時、気になるところがある場合、臨床の先生はその腸や胃の一部を採取して、検査に出します。それが悪い病変なのかどうか、決めているのは実はカメラを操作していた先生ではないのです。検査に出すとして提出された組織を、顕微鏡で見られる形にし、それが癌か、正常な組織か、それとも他の疾患が隠れているのか、といったような診断をしているのが、我々病理医なのです。病理部はだいたい病院の地下であったり、奥の方にあったりして、直接患者さんに会うことも、ありがとうといわれることもありません。でも、私達の診断が患者さんの治療を、そしてその先にある人生を大きく変える可能性がある。そんな仕事に対し、責任感、プライドを持って日々の診療を行っています。
顕微鏡での診断は、病変を構成する細胞一つ一つに注目して行います。それが正常の組織ではどのような姿をしているか、それと比べてどの程度悪いものなのか。400倍の世界で、そんなことを考えながら顕微鏡を操作しています。地道な作業ですが、慣れてくると意外と楽しいものです。そこでコツのようなものがあるのですが、それは一つ一つの細胞を倍率を上げて眺めすぎていると、だんだん悪いものに見えてきてしまうことがあるということ。だから、悩んだ時は一旦倍率を下げて、広い視野で見てみるといいということです。皆さんにも、例えば、テストで1問解けない問題に出会った時、それにずっと悩んでしまって他の問題を解く時間がなくなってしまったという経験があるのではないでしょうか。全体を通して見たほうが、現状の把握はしやすいときがあります。
皆さんよりほんの少し(私はそう想っているのですが)しか多く生きていない私が言うのも偉そうな話なんですが、多分人生もそういうものなんだと思うんです。目の前の問題に気を取られてしまうと、どうしてもそれにのめり込んでしまい、人生そのものに悲観してしまう。そんな時は、少し視野を広げて、広い視点から自分自身を見つめなおすことが必要なんじゃないかな、と思うんです。
ですから、皆さんに今は勉強を頑張って欲しいと考えています。得意な分野はより深く、苦手な分野もより広く。高校生である今も、そして大学生になってからも。これから先の長い人生で躓いた時、立ち直って遠くから問題を把握するための視点をくれるのは、そうして手に入れた知識、頑張った経験だと、私は考えているからです。もちろん、たくさん友達をつくること、たくさん遊ぶこと、それも今の皆さんには絶対必要なことです。それも忘れないで下さい。どうかこれを読んでくれた皆さんが、素敵な人生を歩めるよう、病理部から祈っています。