大学受験ガイドロイヤルナビ

東大・京大・阪大・神大などへの現役合格生を輩出している研伸館(現役高校生対象大学受験指導塾)が発行している大学受験ガイド

2018関関同立入試報告会レポート1~同志社大学編~

同志社大学

「私立大学定員の厳格化」により、2018年度入試では合格者を2000人ほど減らした大学もありますが、同志社大学は、もともと定員を大幅に超える合格者を出していたわけではないため、他大学に比べると「私立大学定員の厳格化」の影響は少なかったと言えます。

同志社大学は常に高校の現場を見ており、入試問題においても、高校教育に基づいた問題を出します。高校の中間試験・期末試験はマーク式ではなく記述問題なので、大学入試でも長年記述の問題を出し続けている、古風な大学なのです。

同志社はリベラルな考えや主体性を重視した大学であり、卒業生は様々な分野で活躍しています。あらゆる分野で世界的に活躍するという、広義な意味で「グローバル」な人材や、ユニークな人材が育っていっています。