大学受験ガイドロイヤルナビ

東大・京大・阪大・神大などへの現役合格生を輩出している研伸館(現役高校生対象大学受験指導塾)が発行している大学受験ガイド

2019関関同立入試報告会レポート2~立命館大学編~

立命館大学

 近年私立大学では「入学定員の厳格化」により、合格者数が絞り込まれており、競争率が高い状況が続いています。

立命館大学でも、2016年以前は31,000名程いた合格者が、2017年度には28,142名、さらに2018年度には24,995名と、大きく減少していました。

しかし、2019年度の入試では27,387名の合格者数を出し、合格者増に転じています

来年度の大学入試は、「入学定員の厳格化」と「センター試験最後の年」という2つの要因により、受験生たちはさらに安全志向に走ると予想されます。それゆえ、関関同立の入試では公募推薦や指定校推薦を受ける学生が多くなるのではないかと思われます。

立命館大学は、一般入試の合格者数が全国でも上位の私立大学で、募集定員に占める一般入試比率は60.6%であり、一般入試合格者の多い立命館大学にはそれだけ合格できるチャンスがあります。